読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喫茶いかぽっぽ

思ったことを、思いのままに。書きたいときに、書きたいだけ。

概念としての”うんこ”

みんな、”うんこ”は好きか?

恋バナがなぜ盛り上がるか。下ネタがなぜ盛り上がるかご存知だろうか。

そう。誰でも経験があり、誰とでも共有できる話題だからである。

しかし、恋愛経験が無い者もいれば、そもそも男女で微妙にシモの事情は違う。

そう考えた時、この世で唯一、万人にとって共通の話題として共有できるものがあることに今日気づいた。

そう、うんこである。

うんこをしないものなどこの世にはいない。前田あっちゃんも、GACKTも、トランプ大統領も、羽生結弦くんも、みんなブリッとやるわけである。

 

全力で汚い話をしているがもう少し我慢して読み進めて欲しい。

 

皆さんは”うんこ”と聞いた時にそんな想像をするだろうか?

ちょっと脳内に”うんこ”を想像して見て欲しい。

想像した?大丈夫?

 

きっとその”うんこ”はトグロを巻いているのではないだろうか。

 

実際のヤツってちょっと違うじゃ無いですか。

もっとこう、バナナっぽいやつか、うさぎさんみたいにポロポロ系か。

 

なんでこのマキグソスタイルの”うんこ”が定着したのかすっごく筆者は疑問なんです。

調べたところによると江戸時代にはこの形があったらしいし、説によっては平安時代の餓鬼物語という書物ではすでに巻かれているという。

 

実態は違うのに、概念としてこのまきぐそが我々の頭に刷り込まれてるのっておもしろいですよね。

例えば犬という動物はいないわけです。しば犬とかゴールデンレトリバーとか、細かい種類にわければ実在する動物ですが、”犬”という動物はいない。

それでも我々は犬と聞いたら各々が脳内に概念としての犬を思い浮かべるわけです(僕の場合だとしば犬)

魚って言われた時、多分秋刀魚と鯖の間くらいのサイズの青魚を横から見た図を想像しますよね。

そんな魚多分いないんです。

でも、僕らの脳内には概念としての魚がそうやってインプットされてるんです。

なにかをきっかけに、脳内に概念が生まれる。おもしろいですね。

 

概念としてのうんこ。

 

まきぐそなんて存在しないのに、みんなの頭の中に今日も生きるまきぐそ。

 

奥が深いですね。

 

それではお聴きください。森山直太朗で「うんこ」

youtu.be

Macbookオリジナルステッカーの作り方!【SCANDALのMAMIのギター柄作ってみた】

皆さんご存知、Macbook。今や結構な人がWindowsではなくMacbookを使っているイメージがあります。

性能や使いやすさもそうですが、なんとなくオシャレっぽい感じとかもウケてる理由の一つかと。

Macbookの面白さの1つに自分でデザインをデコれる部分が大きいという点が挙げられ得ると思います。だいたい、Macの人ってシールを貼ってるイメージですよね。

僕もこれまで

 これを貼ってました。1回も人と被ったことがないので、結構気に入ってます。

といいつつ、1年以上経って、ちょっと飽きてきたなぁなんて思っていた矢先、個人的にドハマリしたものがあります。

それが、SCANDAL

SCANDALの説明をすると文字数がアレだし、そもそも説明の必要もないと思うので割愛をしますが、SCANDALにこの冬くらいからハマっています。

www.scandal-4.com

4人が4人とも好きです。選べない。

SCANDALを見たことがある方はわかると思うのですが、MAMIのギターのステッカーの柄が可愛いんですよ。

SCANDAL SHOW(初回生産限定盤)(DVD付)

この右下の子がMAMIちゃん。持ってる黒いギターがステッカーでデコられてるのがわかるかと。

 

しかし、MAMIギター柄ステッカーforMacbookなんてあるはずもない!ということで自作をしようと思ったわけです。

続きを読む

「やっぱホックは外されたいじゃん?」の衝撃

「やっぱホックは外されたいじゃん?」

ある日、Twitterで流れて来たとある方のTweet。このキャッチを見た時、衝撃的だった。

本当の課題解決ってこういうことなんじゃね?と思った。

これは、株式会社ウツワ代表取締役で”feast”というブランドを作っているデザイナーハヤカワ五味さんの言葉です。

ハヤカワ五味 (@hayakawagomi) | Twitter

ほんでもって、feastがどんなブランドなのかというと

「本当の自分にあった可愛さ見つけませんか?」
シンデレラバストの女の子に向けた、サイズを気にせずふんわり優しいランジェリーの登場です。

 【feast公式ページより】

feast.tokyo

そう、feastは胸の小さな女性のためのランジェリーブランドなんです。

 

以下、僕がただただ女性向けランジェリーブランドをひたすら礼賛する記事が続きます(笑)

 

Tシャツのようにふんわりとやわらかく、長時間着けても痛くならない。いままでの下着がハイヒールだとすれば、feastはスニーカーだ。ワイヤーやパッドなどで胸の形や大きさを無理に矯正するのではなく、シュシュのように胸元をかわいく飾る。アイデアのおもしろさ、色味やデザインのかわいらしさで、瞬く間に話題となった。

引用元:週間アスキー

 

weekly.ascii.jp

 

何が言いたいかというと、自身の体験や自身の思いから立ち上がってそれを実現したモノって他の追随を許さない圧倒的な競争優位性を持っているんじゃないかっていうことなんです多分。

なんとなく起業したいから起業して、そっから起業の方向性やモデルを組むのではなく、思いややりたいことがあってそれを形にしていって必然性と共に会社になるタイプの起業のことが僕は本当に大好きです。

標準体型にあっていなければ、無理やり自分に合わないものを身につけるしかなく、それは自分が悪いことをしているかのような気分だったし罪悪感すらある。そして合わないものを身に着けているが故に辛い思いや恥ずかしい思いをすることもある。

それまで「自分の胸が小さいから良くないんだ」と自分を悪者にするしかなかった。

でもハヤカワ氏の作ったfeastブランドの力で「小さな胸だからこそ可愛い」や「小さな胸だからこそもっと胸を張ろう!」といったポジティブな捉え方ができるようになった。

これって、ものすごく大きな課題解決なんじゃないでしょうか。

大企業にできないことをやろうというスタンスも大好き。徹底的に胸の小さな女性に特化したブランド設計。ワイヤーを使わず、肌に馴染みやすい素材を使い、デザインも可愛らしく。

これまでは毎日ちょっと嫌な思いをしていたのに、買ったあとは毎日それをつけるのが楽しみになるくらい明るくなっている。水着だって、それまでは水着になるのが嫌だった人たちが「早くfeastの新作来て海にいきたい!なんなら着たいから海にいく予定作ったわ!」と明るくなっている。

これってものすごいことだと思うんです。

最初は課題を解決するための商品、マイナス(負)を0に近づける商品だったのが0から更にプラスにのせ、嫌だったものを好きになるまで持っていっている。

そして、さらにニーズの真芯を捉えるバージョンアップは続き、冒頭の「やっぱホックは外されたいじゃん?」につながっていくのです。

※新作がセンターホックの製品。

 

「やっぱ」っていう言葉っていいですよね。

 

話が散りましたが、結局は、

 

SEOをイケてる感じにしたり、ビックデータ解析で的確な広告を打ったり、という会社よりも、こういう身近な日常の強烈な負、しかもみんなが当たり前だとしてしまっていて中々壊せなかった負を、負を解消するだけでなく笑顔を思いっきり与えてあげるくらいの勢いで解決した会社の方が好きなんです。っていう話です。

 

やっぱホックは外されたいじゃん?

 

この言葉のセンスと鋭さ、それでいて「は?何いってんの?当たり前でしょ?」感、感服なのである。

 

回し者でも、実際にお会いしたこともあるわけではないけれど、個人的にホットなハヤカワ五味さんについて、でした。

決めれる人

昨夏、参加したインターンシップ。最後にチームメンバー間での相互フィードバックの時間に

「当事者意識がないよね」

と言われた。

 

それまでリーダーシップとは俯瞰力と合意形成力だと思っていた。

 

チームは今どういう状況で、そしてチームメンバーは何を考えていて、そしてどんな答えが一番「いいね!」な答えなのか。その答えを探し当てる能力こそリーダーシップだと思っていた。

予定調和の学校内での議論ではそれが正解だったかもしれないけれど、「答えは探すもの」の世界から「答えは創りだすもの」の世界に出た瞬間に何も通用しないってことがわかった。

●●はどう思う?と聞いて回って最適な答えと思わしきものを見つけだすことを続けていれば良い年じゃなくなったんだなぁと痛感した。

議論をするときも自分の意見を持たないと人の意見の吟味ができないことを知った。

 

人の技能を見て「こいつ下手だな」と思ったら、そいつは自分と同レベル

人の技能を見て「こいつ俺と同じくらいだな」と思ったら、そいつは自分より上のレベル

人の技能を見て「こいつ俺よりも圧倒的に上手いな」と思ったら、そいつは自分より遥かに上のレベル

 

落語の世界では↑のように言われています。これって本当にそうだと思う。それだけ自己評価と他己評価を適切に行うことは難しい。

自分自身を含めた身の回りのことすべてを自分事とし、自分の考えていることはしっかりと話せるようにしておいて、物事を決めてもらう人から決めることができる人になりたいな、と思った。

 

お部屋を整理していて去年のノートが出てきて懐かしかったので、書き。

ココロオドル=「好き」という気持ち

心躍るという表現ってなんて素敵な言葉なんでしょう。

何か新しいものに触れた時、新しく好きな人ができた時、可能性を感じて突破したいと思った時。

やおら心の底がムズムズしてきて、身体の芯からじんわり熱が。心がドキドキしてそしてその波が身体中に伝わって指先までワクワクしてくる。

結局、”好きの勢い”に勝てるものなんかないじゃないかなぁと最近思うことが多いんです。

それを思ったのは3点「SCANDAL」ポケモンGO」「ラブライブ!サンシャイン!!」が原因です(えっ)

SCANDALは大阪発祥のガールズロックバンド。2016年の8月21日を持って結成10年になりました。中学3年生の時、駅伝大会の練習中に思いっきりデビュー曲にハマって聴いていて、その後大学3年生の冬の期末テスト期間中にYoutubeSCANDALは公式がチャンネル持ってる)でPVをたまたま見てブームが再燃。以後、ドハマりしています。SCANDALの他にも関ジャニ∞(彼らもバンドをするのですよ)が大好きなのですが、この2つのグループの共通点って”歌ったり演奏したりしてる彼らが何より楽しそう”だと思っています。

完璧なトレーニングを積んで無個性な強いプレイヤーになるくらいなら一回戦で負けても良いから楽しくやってるプレイヤーになりたい派の僕としては彼ら彼女らの楽しそうな顔を見ているだけで本当に心地よい気持ちになります。求心力が凄い。

そしてポケモンGO。巷では「そんなことに時間を割いてるならもっと他に有効な時間の使い方があるだろう」とか言われている時もあります。

「うるせぇよ」。

好き!やりたい!という気持ちを押し殺してまでやらなければならないことってこの世にどれだけあるだろう。もちろん一流のビジネスマンや経営者、プロアスリートの皆様は一分一秒を惜しんで向上をすることがあるかもしれない。

けれど、それって全員にとって当てはまることなんだろうか。

少なくとも僕は今ポケモンGOを全力でやって、とっても楽しい。小学生の頃、手に思いっきり汗かきながらプレイした時の頃を思い出しながら全力でやっています。とっても楽しい。本当に。

遊んではダメだ!頑張らなくては!と言うだけ言って頑張っているフリをするくらいなら自分に素直に心が踊ったものをやればいいと思う。

ラブライブサンシャイン。急にハマりました。”好きの力”に身を任せて”チームで頑張る”系のアニメに弱いです(笑)

理屈ゴネたりいろいろするのではなく、「だって好きなんだもん!」で進んでいくことができる”好きの力”

本当に尊いなぁ。

 

 

【ポケモンGOで実験!】人通りの少ないポケスポットでルアーモジュールを使うと30分で何人来るの?

いらっしゃいませ。喫茶いかぽっぽです。

 

これは、しがない地方都市のポケモントレーナーの実験記録である。

 

泣く子もだまる勢いで爆発的な伸びを見せている”ポケモンGO”。

文化と歴史のつまった任天堂Googleから飛び抜けたNianticの地図DBと技術力とスピード、これらが合わさると手がつけられませんね。

コロニーな生活プラスやIngressに代表される位置ゲー要素×ポケモンという最強IP

は、ヤバイなぁ…。

 

さてさて街を歩いていると気になるのが”花の舞っているポケストップ”ですよね。

あれはルアーモジュールというアイテムで、使うとそのポケストップの周りにポケモンが集まるというものです。

f:id:IkaPoppo:20160725011307p:plain

ゲーム内でこのように花が舞っている状態の場所。ふと画面から目を離して現実世界の周りを見渡してみると…

f:id:IkaPoppo:20160725021754p:plain

こんな感じで人が集まっています。360度人がいました。

(東京都五反田駅近辺で撮影。自宅は地方なものの、たまたま東京にいてポケモンGO解禁を東京で体験できた嬉しい。)

●--------------------●

さて後日、家のある地方都市に帰ってポケモンGOを起動!

周りを見渡してみるとイマイチ花も舞っていないし、ジムも盛り上がってなさげ。

あれ?

でもめげません。むしろやってみたいことができました。

ひとけのないスポットで花舞わせたら人ってどんくらい来るんだろう…?

果たしてどんくらいこのルアーモジュールには人を集める力があるのでしょうか。

気になったので検証してみました。

続きを読む